九州最古の現役な木造駅舎【嘉例川駅】で「はやとの風」と出会う

現役でしかも特急が停まる無人の木造駅をご存知でしょうか?
鹿児島県霧島市隼人町にある嘉例川駅(かれいがわ)が今でもその大役を果たしていました。そう、最古の木造駅、無人、特急停車、、、なんかすごいです。

最古の駅ってどのくらい前にできたの?
1903年(明治36年)に開業したんじゃよ。

正月に撮影したので、門松と共に昔ながらの風情を醸し出しています。

1903年の開業当時から外観を残す最古の木造駅

同じ路線の肥薩線(ひさつせん)にある大隅横川駅(開業時は横川駅)と並んで、九州最古の木造駅本舎と言われています(諸説あり)。切符を販売するカウンター、待合の椅子もずっと使われているのはすごいですね。

福岡県久留米以南の路線開通の歴史は

  • 1891年(明治24年)久留米~熊本間
  • 1896年(明治29年)熊本~八代間
  • 1901年(明治34年)鹿児島~国分(現在の隼人駅)間 ※鹿児島に初めて鉄道が走る
  • 1903年(明治36年)国分(現在の隼人駅)~吉松間
  • 1908年(明治41年)八代〜人吉間
  • 1909年(明治42年)人吉~吉松間

と時を経て、青森〜鹿児島が鉄道で繋がり、門司〜鹿児島まで鹿児島線として誕生しました。特に八代〜人吉〜吉松間は、60箇所のトンネル、90箇所におよぶ橋、急勾配でも走行するための日本初のループ線、スイッチバックなど、難工事だったようです。

嘉例川駅は肥薩線じゃなかったの?
1927年(昭和2年)に、八代~川内~鹿児島の海岸線の開通により、そちらを鹿児島線、八代〜隼人間を肥薩線と呼ぶようになったんじゃ。
なぜ初めから海岸線沿いの路線ではなく山越えの路線にしたのかというと、海からの砲撃などを避けるために、まず山の方を優先したようじゃよ。

肥薩線のあゆみついて、詳しいホームページがありますので紹介します。
百年レイル・肥薩線の旅

嘉例川駅の内部も木造づくりの趣が残っていますね。駅舎は国の登録有形文化財にもなっています。

ホームに出ると当時から残る白壁に案内板がありました。

森林に囲まれた風景に続く単線が心を癒やしてくれます。

漆黒の人気列車・特急「はやとの風」

嘉例川駅を歩いていると、観光特急列車の「はやとの風」と出会いました。そう、嘉例川駅は無人駅にも関わらず特急が停まる珍しい駅なのです^^
「はやとの風」は、鹿児島中央〜吉松(鹿児島県湧水町)間を土曜・休日および多客期運転の臨時列車として走行しています。

はやとの風 は5分間停車します。記念撮影もバッチリ!!

横からの一枚。黒の列車と木の内装がかっこよすぎ。

車内も快適でしょうね。乗ってみた〜〜い!!

メイドの薩摩おごじょによるPR活動も盛んのようですね〜〜

 

今回は、九州最古の現役木造駅舎の嘉例川駅を歩いてみました。特急も停まる無人駅ということでしたが、多くの観光客、鉄道ファンで賑わっていました。ぜひ一度、嘉例川駅を歩いてみてはいかがでしょうか?その沿線には温泉、山、滝、川などたくさんのスポットがありそうなので、さらに楽しめそうです。

アクセス

住所 鹿児島県霧島市隼人町嘉例川2176
駐車場 10台以上

The following two tabs change content below.

Usshi-

幼少期を鹿児島で過ごす、大隅半島出身のアラフォー男児。地図が大好きで鹿児島はもちろん、全国都道府県制覇も成し遂げる旅行好き。 食べることが大好きで美味しいお店や食材がすぐに気になるタイプ。 鹿児島出身なのに酒が苦手なの?とよく言われ、コップ1杯でほろ酔いになれる燃費の良さ。
  • コメント: 0

関連記事

  1. プレミアム芋焼酎【魔王】の香りと深みをグラスで味わう

  2. 見た目のインパクトがすごすぎる!檍神社のおっぱい水

  3. 樹齢1500年超えの巨樹、蒲生の大楠を眺めてきた

  4. 平成の最終日は子どもたちと道の駅 【たるたるぱあく】へGo!!

  5. 縁結びのパワースポット!! 2つの鳥居が並ぶ川南諏訪神社を拝む

  6. 【明治維新から150年】歴史を歩き、薩長土肥を学ぶ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。