プレミアム芋焼酎【魔王】の香りと深みをグラスで味わう

幻の焼酎に巡り会えました〜。その名も魔王
インパクトある名前ですね。独特の香りとともに氷が解けていく・・・ほんのりまろやかな魔王を味わってみます。

オン・ザ・ロックで呑んでみたけど、スッキリとした味わいで芋臭さがないね。
フルーティな味わいで、後味に癖のない甘さを醸し出してくれるので、焼酎を飲みなれていない人や女性にも飲みやすい焼酎なんじゃよ。
芋臭くない秘密は、通常の焼酎仕込み方法と違って日本酒に使用する黄麹を使用しているんじゃよ。
この飲みやすさが人気の秘密だったんだね。

チビチビ呑んでも美味しいね。
異次元の飲みやすさ!!と評価されてて入所困難の時期もあったほどじゃよ。

魔王(まおう)は、鹿児島県肝属郡錦江町の酒造メーカー・白玉醸造より発売されている芋焼酎の銘柄。麹として米麹を用いておりアルコール度数は25度である。樽で熟成される際、蒸発によって失われる天使の取り分に関わる天使を誘惑し魔界へ酒をもたらす悪魔にちなんで命名された。雑誌やテレビなどで紹介され一時期入手が困難となったため幻の焼酎といわれる。

引用元:魔王 (焼酎)

入手困難なプレミアム芋焼酎

入手困難な、森伊蔵・魔王・村尾の3種類の芋焼酎をあわせて「3M」と呼ばれています。

森伊蔵 森伊蔵酒造 鹿児島県垂水市(たるみずし)
魔王 白玉醸造 鹿児島県肝属郡錦江町(きもつきぐんきんこうちょう)
村尾 村尾酒造 鹿児島県薩摩川内市(さつませんだいし)

プレミアム感、満載の木箱(今回は自分用だったので写真のみ)

店頭に陳列していた魔王。たくさん並んでいました。今は入手しやすいのでしょうね。

魔王は今宵も受け継がれるロマンの一滴

ウイスキー・ブランデー等の長期間、樽に貯蔵する洋酒は呼吸作用等の熟成の為、少しずつ原酒の量が減少していき、そのお酒を昔より「天使の分けまえ」と呼び、貴重で縁起の良い酒とされてきました。本格焼酎『魔王』は天使を誘惑し、魔界へ最高の酒を調達する悪魔たちによって、もたらされた特別のお酒という意味で命名致しました。熟成酒ならではの飲みあきのしない穏やかな風味が、グラス越しに時の雄大さを知る。華やかに香り立ち、豊かな余韻を残す酒。まさに名門の粋。今宵も受け継がれるロマンの一滴。

魔王の「白玉醸造」

1912年創業、鹿児島県肝属郡錦江町に蔵を構える「白玉醸造」

ぜひ、プレミアム芋焼酎3Mの一つである「魔王」の世界を堪能してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

Usshi-

幼少期を鹿児島で過ごす、大隅半島出身のアラフォー男児。地図が大好きで鹿児島はもちろん、全国都道府県制覇も成し遂げる旅行好き。 食べることが大好きで美味しいお店や食材がすぐに気になるタイプ。 鹿児島出身なのに酒が苦手なの?とよく言われ、コップ1杯でほろ酔いになれる燃費の良さ。

関連記事

  1. 【明治維新から150年】歴史を歩き、薩長土肥を学ぶ

  2. 鹿児島市内が一望できる24時間営業の温泉「一本桜温泉」へ

  3. 樹齢1500年超えの巨樹、蒲生の大楠を眺めてきた

  4. え?!家族風呂が300円?!重久温泉に行ってみた

  5. 縁結びのパワースポット!! 2つの鳥居が並ぶ川南諏訪神社を拝む

  6. 日本最南端の路面電車の停留所「谷山駅」ぶらり旅